視力回復方法 > 超音波治療と人口水晶体

超音波治療と人口水晶体

現在、眼科領域の治療はめざましく進歩しています。新たに話題となっている視力回復、視力矯正の方法として、レーザー治療が話題ですが、他にも「超音波治療」や「人口水晶体」があります。

超音波治療

残念ながら、超音波を当てる方法はほとんど効果がないといわれています。めがねやコンタクトレンズを使わずに視力を回復させるには、手術しかないようです。また、「暗いところで本を読むと目が悪くなる」とよく言われますが、これは近視の予防や視力の回復にはなりません。ただ、遠くを見たりすることは目の疲れを予防するのには、良いと思われます。


人口水晶体を入れる方法

近視というのは、屈折異常です。ご自身の持っている水晶体よりも屈折力が弱い人口水晶体を入れれば、近視が軽減することは確かです。しかし、水晶体の役割は、遠くをみるときに屈折を調節するだけではありません。近くをみるときにもピント合わせに必要なのです。したがって人工水晶体を入れると、その調節機能がなくなることになるのです。白内障の手術で人工水晶体を入れるのならともかく、そうでもないのにあえて手術をしてまで人工水晶体を入れることにそれほどの意味があるとは、実際のところいえないようです。

やはり視力回復とまではいかないまでも、視力矯正の方法としては、基本的にめがねとコンタクトであることに変わりはないのが現状です。最近はより快適なコンタクトレンズも開発されています。目に優しいレンズを選択することが現在としては最重要な選択なのかもしれません。