視力回復方法 > コンタクトレンズ

コンタクトレンズ

視力回復の基本がめがねとコンタクトレンズであることは、さまざまな最新の治療法が開発されている現在においても、やはり変わりはなにようです。

しかし、酸素透過性のハードレンズの普及で、従来、コンタクトレンズ使用者に多かった角膜障害が非常に減りました。

従来のハードレンズは、酸素を通さなかった、あるいは不十分だったことから、酸素不足による角膜障害が起きていましたし、ソフトレンズの場合も、まれではあるといえ、感染症が起き、それが角膜障害をもたらしていました。

いずれにしても、現在、改良が進み、安心して装着できるようになりつつあります。

めがねとコンタクトレンズでは、どちらが安全か、という問題でいえば、やはりめがねのほうが安全かもしれません。

今のめがねはたいていプラスチックですから、割れて角膜を損傷させることもありませんし、ごみや花粉なども入ってきません。

しかし注意していればどちらもさほど問題はないようです。

ただし、お子さんの場合は、ご自身でコンタクトレンズの扱いができるまではめがねのほうがいいでしょう。

そうなると、コンタクトレンズは、やはり中学生ぐらいからということになります。

ただ、医学的な面からコンタクトレンズを使ったほうがいいという場合もあります。

左右の度が違う人、円錐角膜という病気を持っている人、近視が非常に強い人の場合です。

これらの方は、大人の方も含め、めがねよりもコンタクトレンズの使用を勧められるようです。