視力回復方法 > 近視の手術

近視の手術

遠くのほうをみるとうまくピントが合わず、はっきり見えないのは、屈折異常が原因です。

このうち近視というのは、遠くから入ってきた光が、網膜よりも前に像を結ぶためにおきます。

近視には2通りあります。

・単純近視(良性近視)

・病的近視(悪性近視)

単純近視は、視力回復という点に関する限り、コンタクトレンズやめがねを使って矯正視力が出れば問題はありません。

一般に小学校高学年ほどから中学校くらいから始まることが多いことから、学校近視とも呼ばれます。

問題になるのは、病的近視のほうです。

こちらの場合は、めがねをかけても視力はさほど回復しません。

近視の人の約1パーセントがこのような病的近視にあたります。

近視は、ふつう、眼球の奥行き、つまり眼軸が伸びて起こります。

眼軸を縮めることは不可能なので、角膜の屈折力を弱めることによって、近視を改善し、視力を回復させます。

近視の手術には、次の2つの方法があります。

・メスを用いる放射状角膜切開術・・・RK

・エキシマレーザーを用いる角膜切開術・・・PRK

しかし、手術後長い間に、角膜がにごるなどの合併症が起こる可能性があります。

また手術の効果が不安定であり、中年以降は近視のほうが便利な点もあるなど、問題はあります。

手術を受ける場合には、これらの問題点を充分に考慮し、眼科医師から説明を受けること、そしてご自身で納得したうえで手術を受けるかどうかの判断をすべきでしょう。