視力回復方法 > 遠視について

遠視について

私たちは、幼いお子さんがめがねをかけていると、近視と考えがちですが、実際は遠視でめがねをかけている場合が多いのでし。遠視は眼球が正規よりも小さく、眼軸が短いためにおこることから、成長してからでは遠視のままで固定してしまうと改善することは不可能です。屈折状態の年齢分布を見ると、就学前の幼児や小学校低学年のうちは遠視が多く、学年が進むにつれて近視が増えてきます。

遠視というのは、遠いところが良く見え、近視は近いところがよく見える、と理解されている場合が多いようですが、これは誤解です。遠視というのは、近いところはもちろんのこと、遠いところをみるのにもはっきりと見ることができず。調節の努力をしなくてはならないのです。近いところをみるのには問題がない近視は、手元の作業が多い現代社会においてはかえって疲れにくいという利点がありますが、遠視の場合は、遠いところを見るのにも、近いところ見るのにも努力を要し、その疲れは近視以上です。そのため幼いお子さんの場合など、特に飽きっぽくなったりして勉学に支障が及びますから、周囲の配慮と、早めの治療が必要です。

遠視の場合も、遺伝的要素が強いといわれます。成長に伴い遠視は軽くなり、正や近視になる場合が多いのですが、眼軸が伸びきらずに遠視のままで止まってしまうこともあります。そのような場合でも、めがねをかけて矯正視力が回復すれば問題にはなりません。