視力回復方法 > 眼科治療の現在

眼科治療の現在

視力というのは、目で物体を識別する能力のことをいいます。視力が低下する理由には、色々考えられますが、屈折異常、調節異常で視力が低下した場合は、屈折矯正を行うことで視力を回復させることは可能です。ただし、なんらかの病気で視力が低下した場合には、その要因を取り除かない限り、視力回復は難しいのが現実です。

目の治療は目覚しく進歩しています。手術やレーザー治療、人口水晶体、角膜移植、コンタクトレンズ、薬物治療などです。
なかでも現在、注目されているのが、レーシックです。

レーシック

「レーシック」というのは、角膜屈折矯正手術の一種です。目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射して、角膜の曲率を変えることによって視力を矯正する手術をいいます。

方法としては、マイクロケラトームとよばれるカンナのような機械で角膜の表面を薄く削り、ふたのような「フラップ」を作り、めくります。そこにエキシマレーザーを照射して、角膜の一部を蒸散させるのです。その後、フラップを元の位置に戻して、フラップが自然に接着するまで待ちます。約2~3分です。
角膜の中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり、凹レンズを用いたのと同じ効果が現れ、近視が矯正され、視力回復が期待できるのです。また、検眼のデータをもとにレーザー照射を調節することで、乱視の矯正も可能となります。

マイクロケラトームの代わりにレーザー・・・イントラレーザー・・・によってフラップを形成する方法もあります。