視力回復方法 > 視力矯正手術

視力矯正手術

視力を回復させたいというのは、日ごろコンタクトレンズやめがねで煩わしさをいやというほど感じている人にとって、強い願望でしょう。

現在では、めがねやコンタクトレンズ以外の視力矯正手術が行われるケースが急激に増えてきています。

視力矯正手術には次のような種類があります:

・レーシック
・イントラレーシック
・エピレーシック
・ラセック
・ウェーブフロント
・フェイキックIOL
・PRK
・フレックスPRK
・放射状角膜切開術(PK)

コンタクトレンズとめがねの煩わしさを最も痛感しているのは、おそらくスポーツ選手でしょう。

視力回復および矯正の手術を受けた例もスポーツ選手が圧倒的に多いようです。

特にレーシック手術に関しては、スポーツ選手の手術例が多いようです。

たとえば、プロゴルファーのタイガー・ウッズが手術を受けた例が有名です。

彼の手術に影響され、視力に悩むスポーツ選手の多くが手術を受けたといいます。

その他、プロ野球選手の中にも、たとえば、松坂大輔選手のように、ドーム球場の乾燥した状態で行われる試合が多くなった影響で視力の低下を招いたことから手術を受けた例もあります。

ただし、すべての選手がレーシックを受けるわけではありません。

たとえば、古田敦也のように眼鏡を使用して現役を全うした選手もいます。

レーシックは、まだ歴史も浅く、確実な手術とはいいがたいのです。

たとえば、東北楽天ゴールデンイーグルスの一場靖弘投手は、手術に失敗しました。

彼は、右目が角膜炎を発症し、入院することになったのです。

右目視力は一時0.04まで低下し、失明の危機もあったほどです。

後に回復しましたが、やはり手術は安易には考えてはいけないのです。