視力回復方法 > レーシックについて

レーシックについて

視力回復のための最新の方法として、注目されているのが、「レーシック」です。

レーシックというのは、角膜屈折矯正手術の一種です。

目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることによって、視力の回復を目指す手術です。

ただし、この方法は、希望する全員が受けられるものではありません。

角膜厚が足りない場合や、合併症があるなどで、で適応できない人がいます。

また、近視が進行しつつある10代など、若いうちは手術が受けられません。

18歳以降なら可能になります。

レーシックの利点は、眼鏡やコンタクトレンズが必要なくなることです。

この手術の受ける人のなかで、スポーツ選手が多いのもこのためです。

また就業にある程度の裸眼視力が必要な職業である、警察官や電車の運転手などを希望する人のなかでも、就職前にこの手術を受けている場合があります。

何よりもの利点は、手術のために入院をする必要性がないことでしょう。

短時間で済むからです。

また、生命保険が適用されることもあり、そうなれば手術費用がほぼ無料になるケースもあります。

ただし、現在はこの手術を希望する人が多くなったことから、生命保険の多くは、給付対象から除外するようになりました。

手術を希望する人は、ご自身が加入している保険でレーシック手術が給付の対象となっているかどうか、あらかじめ確認しておいたほうがいいでしょう。

また、医学的にもまだ完全にリスクがないわけではありません。

利点だけでなく、危険性もよく理解したうえで施術を決断する必要があります。