視力回復方法 > レーシックの社会的利点と欠点

レーシックの社会的利点と欠点

視力回復を願い、めがねやコンタクトレンズ以外の方法として手術を希望する人が急増しています。めがねを使用しなくてもいい、などの利点がある一方で、歴史が浅い手術であることから、術法が確立しておらず、安全性に問題があるなど、医学的な課題があるのが現状です。医学的欠点以外にも、社会的な欠点があります。

レーシック手術・・・正式には、「レーザー角膜屈折矯正手術」・・・には、次のような利点と欠点があります:

・日本では公的医療保険の対象となりません。また、現在、この手術の給付金を希望するケースが急増し、各保険会社は給付対象から除外しています。除外が適用される以前に加入した生命保険などで、手術費用がほぼ無料になるケースはありますが、これから新たに加入するという人は、保険適用はほぼ不可能と考えたほうがいいでしょう。

・手術のための入院が必要なく、短時間で済むというのは利点です。

・眼鏡やコンタクトレンズが不要になるという利点はあります。スポーツ選手がこの手術を受ける例が多いのはこのためです。また、警察官・電車の運転手など、就業にある程度の裸眼視力が必要な場合、就職前にこの手術を受けて視力を回復させているケースがあります。
ただし、航空身体検査基準では、レーシックによる視力回復は不適合となります。つまり、日本の航空各社の場合、レーシックで視力を回復させたとしても、パイロットにはなれないということです。
一定以上の視力を必要とする職業においてレーシックでの回復を認めていない例は、決して少なくないのです。