視力回復方法 > レーシックの手術の注意点

レーシックの手術の注意点

視力回復のため新たな手法として、人気急上昇中のレーシック手術ですが、安全に、かつ効果的に手術が行われるためには、幾つか守るべき点があります。

手術に当たっては、事前にさまざまな適応検査や精密検査を行い、レーシック手術を受けることができるかの検査を含めて、レーザーの照射量を決定するための正確な視力検査を行います。

普段、ハードコンタクトレンズを使用されている方は、1週間前からコンタクトレンズの使用を中止します。

ソフトレンズを使用されている方の場合も、3日前から使用を中止します。

使い捨てタイプもソフトレンズの場合と同様です。

したがって、当日は、コンタクトを使用せず、めがねで来院することになります。

手術の当日は、瞳孔を開いて目の奥を検査するための目薬をさすことになります。

瞳孔がもとの状態にもどるまでに4~5時間かかることから、その間、眩しかったり、細かい文字が見えづらくなるため、ご本人の運転は控えます。

また、術後は視力が安定しないことから、やはりご本人は車の運転を控えるべきです。

また、手術の当日は、お化粧、香水、整髪料の使用は控えます。

手術後はすぐに帰宅が可能ですが、ご自宅、またはホテルでの休息が必要となります。

お化粧や飲酒は禁止です。

また、手術当日は、洗顔、洗髪は出来ません。首から下のシャワーのみは可能です。

術後は、目薬と保護用のゴーグルを渡されます。就寝時には、このゴーグルを使用します。