視力回復方法 > レーシック術後ケア

レーシック術後ケア

レーシック手術は、検査・説明・手術・休息まで含めても3時間程度、手術自体は両眼で10分程度、ときわめて短時間であることから、入院の必要はなく、人気が急上昇している視力回復法です。術後は、翌日に検診を受け、その後は1週間後、1ヶ月後にそれぞれ定期健診を受けることになります。そのため遠方から手術のために来院された方は、ご自身のお近くの眼科医院で検診を受けられるよう紹介状を書いてもらえるよう依頼するといいでしょう。

また、まれですが、手術を受けていったん視力が回復したものの、また低下してしまう方がいらっしゃるのは事実です。目を酷使される方に多いといいますが、これを再近視化といいます。そのような場合に、再度詳しい検査を受け、再手術が可能かどうか、また可能な場合には、無料で再手術を受けられるかどうかのアフターフォローがあるかどうか、を事前に確認しておくべきです。

たとえば、ある眼科医院では、3年間保障をうたっています。時間の経過とともに視力が低下した場合、術後3年以内であれば無料で再手術をするというものです。このような保障をうたっているということ自体が、その医院が自身の手術に自信をもっているという証拠でもあるといえるかもしれません。

また、ほかの医院で受けて効果がなかったという場合でも、別の医院で成功する可能性があります。再手術の希望があるのなら、別の医院で再チャレンジしてみるのも一考です。