視力回復方法 > レーシック手術の問題点

レーシック手術の問題点

レーシック手術は、いくら日帰り可能であるといっても、手術であることに変わりはありませんから、危険はあります。

当然、守るべき注意事項がありますし、手術当日から快適な生活を即、送れるようになるわけではありません。

・術後に異物感を感じたり、しみたりすることがあります。

・手術中にまぶたを大きく開くために器具をつけることから、術後にまぶたがはれぼったくなり、開きづらくなることもあります。

・結膜に内出血(結膜下出血)が起こり、白目が赤くなることがあります。

*このような症状は、1晩で治るものもあれば、2週間ほどかかるものもあります。

その他、一般的に次のような問題点が指摘されています:

・屈折度が安定するまでに一定の期間が必要であり、どれほどかかるかは個人によって差があります。

・実際にどれほどの効果があるか(近視、乱視、遠視の軽減度)と目標値との間には誤差があり、場合によっては、再手術が必要になったり、手術を受けたにもかかわらずめがねが必要になることもあります。

・左右の目に差が出ることがあります。これは同じ人の目であっても、左右によって条件が異なるからです。

・レーシックは、近視の進行をとめる手術ではないことから、日ごろから目を酷使するなど、近視になりやすい状況にある人は、いったん手術をしても再度近視になることがあります。

そもそもレーシック手術は、全員が受けられるものではなく、適応検査にパスした人のみが可能なのです。

事前の検査、カウンセリング、術後のケアがよく整った医院での施術をお勧めします。