視力回復方法 > レーシックをめぐる疑問点

レーシックをめぐる疑問点

レーシックは、新たな視力回復方法として注目されている手術です。しかし目の手術ということで不安はつきません。実際、危険ではないのでしょうか?

レーシック手術は、日本では厚生労働省によって許可されています。米国では年間に100万件以上実施されており、世界的に確立した医療技術といえるでしょう。手術は両眼で約10分です。検査なども含めて3時間程度です。術後は、しばらく視力が安定しないことからご本人の車の運転は控えるべきですが、帰宅することは可能です。入院は必要ありません。

実際、どれほどの視力回復が望めるかは、事前の検査で確認しておくべきでしょう。きわめて強度の近視、乱視、および老眼が重なった方の場合は特にそうです。またお子さんの場合や妊娠中の方、および全身疾患をお持ちのかたは手術を行うことはできません。医院によっては、レーシック手術を受けた方の98パーセント以上が視力1.0以上に回復しており、残りの2パーセントの方も0.7以上になり、コンタクトンズやめがねの煩わしさから解放された、とうたっているところもあります。

ただし、ごくまれとはいえ、再近視化といって、視力がまた悪化してしまう方がいることも確かですし、実際、野球の選手でこの手術を受け、失明の危険に陥った人もいつことは事実ですから、決して安易に考えるべきではないでしょう。再近視化した場合に保障はあるのかどうかを事前に確認しておくべきです。