視力回復方法 > レーシック手術の日本での認知度

レーシック手術の日本での認知度

めがねやコンタクトレンズ使用の煩わしさから、視力回復、矯正のために手術を受ける人が急増しています。特に、レーシック手術は、ゴルファーのタイガー・ウッズ選手や、野球選手の松坂大輔選手などが受けたことから話題にもなりました。しかし、失敗例もあり、まだ完全な手術とはいえないのが現状です。

特に日本では、まだ一般的に認知されているとはいいがたいのが事実です。ただ、浸透しているとはいえなくても、プロスポーツ選手や有名人、芸能人がレーシック手術体験者となって、急激に認知度は高まりつつあります。

ここ数年で日本国内でも、レーシック手術を行う、クリニックや医院が急増しています。ただし、この手術の費用は、自由診療なのでクリニックや医院により幅があります。

健康保険・・・日本の公的医療保険・・・は、レーシックには使用できません。そのため実費診療となります。しかし、生命保険に加入している人ならば、「レーシック手術」でも手術給付金が支払われるケースが少なくありません。ただし加入条件や内容にもよりますから、ご自身が加入している生命保険会社に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

問い合わせの際には、レーシック手術の正式名称・・・「レーザー角膜屈折矯正手術」・・・をお伝えください。ただし、現在の動きとしては、レーシック手術の給付請求が増えたことから、日本の各保険会社は、この手術を保障の対象から外す動きを見せています。対象から外される以前の契約で加入している場合には、保障対象となりますが、これから新たに加入する場合はほとんどが保障されないと考えたほうがいいでしょう。