視力回復方法 > 老眼鏡について

老眼鏡について

近視の視力回復のための治療や、矯正には、めがねやコンタクトレンズのほか、手術などの可能性もありますが、老眼の場合は、老眼鏡を使うほかありません。

老眼は、眼のなかでレンズの働きをしている水晶体の弾力性が加齢と共に弱まったために起こる症状です。

治療によってこの弾力性を強めることはできません。

本を読むときに本を目から離さないとよく見えないなど、老眼の症状が始まったら、結局のところ、不自由であれば老眼鏡を作り、必要に応じてかけるしかなさそうです。

老眼鏡は近くを見るための専用のめがねです。

したがって、近視や遠視の人は、遠くを見るためのめがねと老眼鏡の二つが必要となるのです。

この場合、めがねは別々のものをふたつ用意しても、1枚のレンズで遠近両用にしたレンズ、「多焦点レンズ」としてもかまいません。

後者のようなレンズの場合、いちいちかけなおす手間が省けることから便利とはいえますが、はっきりと見える視野が狭くなってしまうという欠点があります。

そのため、近いところをみる作業が続く場合には、やはり近いところを見る専用の老眼鏡を用意するほうがいいのではないかと思われます。

ご自身の生活を考えて、めがねの使用スタイルを考えるとよいでしょう。

また、老眼鏡は早くかけると度が進むのでは、と懸念する人がいますが、老眼鏡をかけたからといって症状が進むわけでも、逆にとまるわけでもありません。

不自由を感じながらもかけるのを我慢している必要はないでしょう。