視力回復方法について

乱視について

乱視になると、網膜のどこにもピントが合わないために、遠いところも近いところも物が見えにくく、しかも物が二重に見えてしまいます。 乱視には先天性のものと、病気や怪我によって起こる後天性の乱視があります。 乱視は大きくわけて・・・

レーシック手術の問題点

レーシック手術は、いくら日帰り可能であるといっても、手術であることに変わりはありませんから、危険はあります。 当然、守るべき注意事項がありますし、手術当日から快適な生活を即、送れるようになるわけではありません。 ・術後に・・・

オルソケラトロジー

コンタクトレンズというと、通常は、昼間に装着して視力を矯正するものだと考えます。 しかし、そのコンタクトレンズを視力回復の手段として利用する、新しい方法として現在、話題になっているのが、「オルソケラトロジー」です。 オル・・・

老眼鏡について

近視の視力回復のための治療や、矯正には、めがねやコンタクトレンズのほか、手術などの可能性もありますが、老眼の場合は、老眼鏡を使うほかありません。 老眼は、眼のなかでレンズの働きをしている水晶体の弾力性が加齢と共に弱まった・・・

イントラレーシックについて

最近、めがねやコンタクトレンズを使用せずに視力の回復、矯正をする方法として、視力矯正手術を受ける人が増えています。 最も一般的なものは「レーシック」(正式には「レーザー角膜屈折矯正手術」)ですが、その一形態として「イント・・・

近視の手術

遠くのほうをみるとうまくピントが合わず、はっきり見えないのは、屈折異常が原因です。 このうち近視というのは、遠くから入ってきた光が、網膜よりも前に像を結ぶためにおきます。 近視には2通りあります。 ・単純近視(良性近視)・・・

レーシックについて

視力回復のための最新の方法として、注目されているのが、「レーシック」です。 レーシックというのは、角膜屈折矯正手術の一種です。 目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることによって、視力の回復を目指す・・・

コンタクトレンズ

視力回復の基本がめがねとコンタクトレンズであることは、さまざまな最新の治療法が開発されている現在においても、やはり変わりはなにようです。 しかし、酸素透過性のハードレンズの普及で、従来、コンタクトレンズ使用者に多かった角・・・

レーシック手術の流れ

視力回復の新しい方法として、レーシックという手術が話題になっています。 しかしあくまで手術ですから不安が伴いますし、まだ歴史が浅いことから安全性が確立していません。 実際、どのような流れで進むのが、一般的な例をご紹介しま・・・

視力矯正手術

視力を回復させたいというのは、日ごろコンタクトレンズやめがねで煩わしさをいやというほど感じている人にとって、強い願望でしょう。 現在では、めがねやコンタクトレンズ以外の視力矯正手術が行われるケースが急激に増えてきています・・・

レーシックの手術の注意点

視力回復のため新たな手法として、人気急上昇中のレーシック手術ですが、安全に、かつ効果的に手術が行われるためには、幾つか守るべき点があります。 手術に当たっては、事前にさまざまな適応検査や精密検査を行い、レーシック手術を受・・・

レーシックの医学的リスク

視力回復、あるいは視力矯正の方法として、最近注目されているのが、レーシックです。めがねやコンタクトレンズが要らなくなることから、スポーツ選手などでこの手術を受けた人が多く、そのために話題になっています。しかし、まだ歴史が・・・

近視について

近視の人は、眼球が普通の人よりも大きく、眼軸が長くなっているのが特徴です。それを縮めることは不可能です。しかし角膜の屈折を変えることで視力を回復させるのが、「放射状角膜切開術」というものです。 しかしこの術法の場合、近視・・・

視力回復の治療法

現在、眼科領域の治療は目ざましく進歩しています。コンタクトレンズ、手術、レーザー治療、人口水晶体、角膜移植、薬物治療など、選択肢が広がりつつあります。視力はどれほど回復するのでしょうか、また目の病気はどこまで治せるのでし・・・

近視の診断

健康診断などでは、視力表を用いて視力を検査します。これは裸眼視力といって、めがねやコンタクトレンズをしていない状態での視力で、屈折の異常を判断するもので、あまり精密な検査とはいえません。正確に屈折の異常を測定するためには・・・

斜視について

近視、遠視という概念とは別に、「斜視」という目の症状があります。ものを見るときに、片方の目の視線は目標のものを向いているのに、もう一方の目の視線はあらぬ方向を向いているものが「斜視」です。外見的に気になるだけでなく、視力・・・

老眼について

老眼、あるいは老視というのは、病気ではなく、中年になれば程度の差はあれ、誰にでも起こり得る、生理的な現象です。老眼になると、近いところが見えにくいというだけで、遠いところを見る視力とはなんら関係はありません。 老眼という・・・